悪性黒色腫(メラノーマ)の症状と治療

悪性黒色腫(メラノーマ)の症状と原因

悪性黒色腫は、皮膚癌(がん)の1種でホクロのように見える皮膚癌です。手のひらや、足の裏、爪の裏側、口の中などに発生することが多いようです。人間だけでなく犬にも発生するものです。悪性黒色腫のメラノーマの写真画像などを見ると一見「ホクロ」のように見えます。これが早期発見できるのに、治療が遅くなる原因の1つです。また皮膚癌のなかでも悪性が高く、進行がとても早いという始末の悪いガンです。ホクロの細胞が悪性の状態になったと考えられているようです。悪性黒色腫は、メラノーマもしくは、黒色腫と呼ばれています。

 

悪性黒色腫の症状としては、「ほくろ」とか「いぼ」が左右で大きさが違う、色むらがある、痛い、痒い(かゆい)、出血がある、にじんでいる、境界線がわからない。などが初期の特徴としてあげられます。

 

悪性黒色腫の原因として、紫外線の強い地域の発生率が高く紫外線が関係しているのではといわれています。日本では、報告が少ないそうですが、家族に悪性黒色腫(メラノーマ)になった人がいる場合、黒色腫のリスク要因が高いといわれています。

 

また悪性黒色腫(メラノーマ)は、総合的な診断によることが多いのですが、診断が困難な場合の細胞診の検査や、血液中の腫瘍マーカーなどの物質の数値を参考にする場合もあるようです。

悪性黒色腫の予防法はあるのか?

悪性黒色腫(メラノーマ)の予防法ですが、過剰に太陽光を浴びるなど過度の日焼けといった紫外線を大量に浴びるのは避けたほうがよさそうです。またホクロのようなシミが体にできた場合に、たまに自分で鋭利なもので削ろうとする方がいますが、これはよくないそうですので、自分でなんとかするのではなく、近所の皮膚科などにいって検査してもらうのが無難でしょう。

 

また紫外線を皮膚に浴びると皮膚中に活性酸素が出来、これが細胞を傷つけ、しわ、しみ、たるみの原因になります。外出時は、帽子をかぶる、日傘をさす、紫外線防止サングラスをかける、日焼け止めを塗るなど紫外線による皮膚へのダメージを防ぐことが大切です。

 

また活性酸素を取り除く、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化食品をとるのも良いでしょう。

 

ただ、悪性黒色腫(メラノーマ)のガイドラインによると、紫外線防御をおこなうとメラノーマの発生率は減少するか?という問いに日焼けが危険因子になることは研究で明らかにになっているが、紫外線によるものという確証はないんだそうです。結局原因はまだわかっていないということなのでしょうか。

悪性黒色腫のステージと生存率

悪性黒色腫は、進行が早いですので、早期の発見がもとめられます。

1期・・・腫瘍の存在を確認し、転移がない状態(厚さ 1mm 以下)
     この段階であれば、良好な予後が得られますので早く気づくことが大切です。    (95%以上の生存率)

 

2期・・・腫瘍の存在を確認し、転移がない状態(厚さ 1mm 以上 2mm 以下)
     (70%以上の生存率)

 

3期・・・周辺リンパへの転移が確認された状態 もしくは、
     皮膚転移や、皮下転移の存在が確認された状態
     (50%以上の生存率)

 

4期・・・皮膚転移や、皮下転移、内臓などへの転移が確認されたもの
     (10%前後の生存率)

 

また悪性黒色腫(メラノーマ)が出来る場所によっては切断手術をすることもあります。4期になると抗がん剤、外科療法、化学療法などの延命の治療をもってしても治すのは難しいとされています。

悪性黒色腫の治療方法は?

悪性黒色腫は、目に見える範囲であれば「あれ?」っと気づくことが出来るものですので、早期発見早期治療が大切です。悪性黒色腫になる前段階が存在しますのでこの段階で病院などで手術などによる切除を行うことが出来ます。

 

悪性黒色腫は、進行の早い癌(がん)なので小さかったホクロが急に大きくなった場合は要注意です。転移が進行し、リンパ節や肺、肝臓、脳など重要な臓器に転移しかねません。

 

もし悪性黒色腫になってしまった場合の治療方法ですが、外科療法などの手術によって摘出しますが、抗がん剤や、化学療法、免疫療法、放射線療法など複数を苦に合わせて集中的に治療を行うということが多いようです。

悪性黒色腫治療の副作用

悪性黒色腫治療を治療する上で、外科療法、抗がん剤や、化学療法、免疫療法、放射線療法などを行う場合に副作用が出る場合があります。「しびれ」や、「食欲不振」、「吐き気」、「下痢」、「脱毛」、「肝機能障害」、「腎機能障害」など他にも出る可能性があります。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック