悪性リンパ腫の治療や費用について

悪性リンパ腫の治療方法と副作用

悪性リンパ腫の治療には、抗がん剤が効果的なことが多い為、抗がん剤などを用いる化学療法や、放射線療法R-CHOP療法などの点滴治療や、モノクローナル抗体療法などが用いられます。逆にリンパということもあり、手術をして治療を行うといった外科療法は、あまりないようです。リンパ腫の広がりや、病気、進行度などによりもっとも最適な治療方法が決定されますが、化学療法には副作用がつきまといます。

 

悪性リンパ腫の治療による副作用としては、化学療法による、吐き気、便秘、下痢、口内炎や、しびれなどの末梢神経の障害や、肝機能、腎機能の障害が出る場合もあります。これらの症状は一例で、患者の体調などによりやはり他の症状が出る方もいるようです。

 

悪性リンパ腫の治療に用いられる、放射線治療は、病巣が周辺に転移してない場合などの限定的な場合に週に5回程度1か月くらい照射を行うようです。病巣が広がっている場合は、抗がん剤などの治療後に行われるそうです。この放射線治療にも副作用があり炎症などを起こす場合があります。

悪性リンパ腫の広がりと治療効果

悪性リンパ腫がどの程度の広がりを見せているか状態や、治療を行った場合の効果を確認する方法として、血液検査を行います。

 

■乳酸脱水素酵素(LDH)
・・・LDH(lactate dehydrogenase)乳酸脱水素酵素は、体内の臓器、細胞などが破壊された時に血液中に流れ出る成分のことで、LDHの値が高い場合は、癌(がん)の疑いが高くなります。正常な値は、200から400程度で、悪性リンパ腫のような癌(がん)の場合には、400以上から1000といった非常に高い数値を示します。

 

■C反応性蛋白(CRP)
・・・C反応性蛋白は、体内で、細胞組織が破壊されたり、炎症などが起こっている場合にに現れるタンパク質のことで、炎症の度合が強いほど高い数値を示します。「CRP」と略されます。

 

■可溶性インターロイキンー2(IL-2)受容体
・・・免疫機構活性化の指標として用いられています。

悪性リンパ腫の治療と悪性度

悪性リンパ腫は、リンパの癌(ガン)ということで治療を行っても完全に治ったかどうかが分からないため完治したという表現をしないようです。悪性リンパ腫は、進行度の低い年単位で進行する低悪性度のほうが、気づいた時には、ステージ3、4になっていることが多く、週単位の進行を見せる高悪性度の悪性リンパ腫よりも治癒が困難なようです。早期発見がいかに大切かがわかりますが、なかなか難しいのが実情です。

 

低悪性度の場合は、1期、2期では、化学療法も行われますが、放射線単独療法が多く、3期、4期では、CHOP療法などが試されているようです。中悪性度以降は、化学療法が基本のようです。化学療法による再発の場合は、さらに大量の投与になるので体への負担が心配です。

悪性リンパ腫の治療にかかる費用と保険について

癌(がん)による闘病生活というとやはりかかる費用が気になってしまします。悪性リンパ腫などに用いられる「リツキサン投与」などによる費用は1回5,6万で1回の治療に30万程度かかるようです。費用は患者の容体や進行度、どのくらいの期間治療を受けるかといったものによりますので分からないというのが正しいと思います。

 

やはり、癌(ガン)になる前の段階からがん保険などのようなもの加入しておくのが安心です。今時は、がんと診断されたら何百万といった保険はありますので、一度見積もりをしておくのが良いでしょう。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック