悪性リンパ腫の再発と治療

悪性リンパ腫が再発した場合

悪性リンパ腫がもしまた再発したらと思うと精神的なショックは多いと思います。がしかし、この癌は早期発見、元気なうちに治療することで回復の見込める種類の癌(ガン)ですのでまずは気持ちをしっかりもつことが大事です。

 

悪性リンパ腫は、リンパの癌(がん)でリンパ系組織から発生する悪性腫瘍をひっくるめて悪性リンパ腫といいますが、リンパ腫には良性がないことや、初期症状もほとんどない、原因もよくわかっていないことで知られています。

 

悪性リンパ腫が再発した場合の治療は、1度は縮小したリンパがまた大きくなったということなので、最初から化学療法が効かない場合と違って、悪性リンパ腫の種類によって治療方法が違うようです。

 

悪性リンパ腫は治癒可能な癌ということもあり再発しても医師に従って治療に臨めば寛解するということなので気持ちをしっかりもって治療を受けることがたいせつです。悪性リンパ腫との闘病記など患者さんなど治癒した方ののブログなどが参考になると思います。

悪性リンパ腫の再発治療

日本人に多いのは、非ホジキンリンパ腫の場合、低悪性度、中悪性度、高悪性度のリンパ腫がありますが、低悪性度の場合は、根治を目標に自家末梢血幹細胞移植療法や同種造血幹細胞移植療法といった治療法が用いられるようです。

 

中悪性度の場合は、主に化学療法や抗体療法によりリンパの縮小を目的に治療が行われ、小さくなったら自家末梢血幹細胞移植療法で根治を目指すようです。

 

高悪性度の場合は、同種造血幹細胞移植療法という他人の造血細胞を使う治療を行うようです。骨髄移植のような感じの治療のようですね。

 

完全寛解が続く場合は、3年以降の再発率は低いようです。あ

悪性リンパ腫の再発と生存率

悪性リンパ腫は寛解率60%5年以上の長期生存も少なくないといわれています。再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック