悪性リンパ腫の症状と生存率

悪性リンパ腫の症状と原因

悪性リンパ腫は、リンパ系の癌(がん)で色々あるリンパ系の腫瘍の総称を言います。他の種類の癌(ガン)に比べると症例数は少ないようですが、悪性リンパ腫と診断された時点で、良性はなく悪性の腫瘍が決定するようです。種類があるのでどのリンパ腫なのかを聞く必要があるようです。大体は、リンパが腫れて診察をしたら悪性リンパ腫だったという発見のされ方が多いようです。

 

初期症状としては、ほとんどないようですが、進行すると呼吸困難になったりします。主な症状としては、首や脇の下、足の付け根などのリンパが多い箇所に症状が出て痛みがあったり、しこりが出来たりします。38度以上の発熱、寝汗、体重の減少、腹痛、お腹のはりや、痛くないしこりなどを伴います。

 

悪性リンパ腫の原因はまだ解明されていないようで原因がわからないようですが、ウイルスを契機にして発生するものをあるようです。治療法が進歩していることもあり、治療率は高くなっているようです。治療には、抗がん剤など投与する化学療法や放射線療法などがあります。

 

悪性リンパ腫の分類として、「ホジキンリンパ腫(HD)」と「非ホジキンリンパ腫(NHL)」に分類され比率は、1対9くらいの割合のようです。日本人に多いのは、非ホジキンリンパ腫だそうです。非ホジキンリンパ腫の中でも、「濾胞(ろほう)性リンパ腫」、「びまん性リンパ腫」が多いようです。

 

気になる場合は、内科(系)、血液内科が良いようです。

悪性リンパ腫の診断

悪性リンパ腫の診断は、生検と呼ばれる、腫れているリンパ節の一部を摂取して組織を確認します。この後どれくらい広がっているか調べるようです。CT、超音波検査、血液検査などの腫瘍マーカーなども行われます。

 

悪性リンパ腫と診断されると、血液検査などを行い、抗悪性腫瘍薬か、放射線治療にするか腫瘍の種類によって決定されるのですが、悪性リンパ腫の種類が多いため、患者さんの状態(進行速度や、状態まで把握しないと最適な治療ができないようです。

悪性リンパ腫のステージと悪性度

悪性リンパ腫には、良性が無いということもあって0期はないようです。

1期・・・1つのリンパ節領域(腫れ)
2期・・・横隔膜側の2箇所以上のリンパ節領域(腫れ)
3期・・・横隔膜側の両側のリンパ節領域(腫れ)
4期・・・1つ以上リンパ節領域へのびまんせいの浸潤(広がっているか)

低悪性度・・・年単位で進行するゆるやかなもの
中悪性度・・・月単位で進行する速いもの
高悪性度・・・週単位で進行するかなり速いもの

悪性リンパ腫の生存率と再発

悪性リンパ腫の生存率は、ステージや、悪性度、患者さんの状態によるようですが、良い場合で70%程度、悪い場合で50%前後のようです。また悪性リンパ腫は、抗ガン剤などの化学療法などにより免疫力が低下するので、予後のほうでも再発、感染などの心配が必要のようです。

 

再発した場合は、さらに多い抗ガン剤が必要なことから体への負担が大きくなります。また脳にリンパ腫ができた場合の症状として、麻痺や感覚障害など脳特有の機能障害で出るようです。悪性リンパ腫が脳にできた場合で最も多いのが前頭葉にできる場合が最も多いようです。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック