膀胱癌(がん)の症状と生存率

膀胱癌(がん)の原因と症状

膀胱癌(がん)は、尿を溜める袋である膀胱に悪性の腫瘍ができることをいいますが、この膀胱を覆う上皮が癌化して起こるガンのことです。膀胱がんの9割はこの上皮という皮が癌になったものだそうです。膀胱癌(がん)の原因としては、男性の半分、女性の3割は喫煙による膀胱がんの可能性が言われています。他には、塩素消毒による飲料水やフェナセチンを含む鎮痛剤も可能性が高いといわれていますが、今のところわかっていないようです。

 

膀胱癌(がん)の種類には、膀胱内にぶつぶつができて膀胱内に留まるものや、膀胱粘膜の下が盛り上がるタイプのもの、膀胱粘膜壁にそって出来る癌があります。転移や浸潤しないものや、転移するものなど発生したガンによって性格が違うという特徴があり、できた癌により治療の方法も変わってきます。

 

膀胱癌(がん)の症状としては、血尿が出ることがあります。この時に通常の膀胱炎なら痛みを伴うことが多いですが、痛みがないというのがあります。
次に排尿時に痛みや、下腹部の痛みがあります。次が、膀胱がんが広がることで尿の流れが悪くなり、尿管などを圧迫することで背中に痛みを感じることがあるということです。これらは膀胱がんの初期の症状ですので、早期に発見治療することで治療が可能です。

膀胱癌(がん)の治療と再発

膀胱癌(がん)の治療法として、電気メスで切除していく手術(TUR-BT)や、全身麻酔で膀胱を全摘出する方法があります。進行してない癌(がん)の場合に、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)、浸潤度の高い進行がんの場合に、膀胱全摘出手術を行うようです。

 

その他には、放射線療法、化学療法(抗がん剤投与)、膀胱内注入療法などがあります。膀胱がんは、膀胱を全摘出しない限り再発の可能性がありますので、膀胱内にぶつぶつができる乳頭状のガンの場合は、BCGや抗がん剤を注入したりする場合もあります。

 

また病院により、膀胱癌(がん)治療の名医もしくは、病院によって実績のある病院を探すのもいいでしょう。同じお医者さんでも人間ですから技術差というのはあると思います。

膀胱癌(がん)の生存率

膀胱癌(がん)の生存率ですが、5年生存率では、

ステージ1:95%
ステージ2:80%
ステージ3:40%
ステージ4:25%

のようになっているようです。年々医学も進歩していますので、以前なら難しかった症例でも今はもっといい方法があるということもありますので、悲観的になることはありませんが、早期発見、早期治療を行うにこしたことはありません。数値も大多数のデータであり、患者個人個人では違うと思われますので、参考程度にとどめておくのがいいと思われます。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック