乳がん検査の費用と方法

乳がんの検査と方法について

乳がんを検査する場合の一般的な方法は、乳房をまず目で確認、触診による腫れや、乳頭(乳首)の変形や、乳輪の異常などがないかの確認、分泌物の有無、脇の下のリンパの腫れがないかなどの視触診と、マンモグラフィー、超音波検査(エコー検査)などの検査が一般的です。視触診では発見できない小さな腫瘍も見つけることができます。また超音波検査(エコー検査)は安いということもあり、20代、30代のちょっとした検査で利用する方も多いようです。検査の方法はどこも同じというわけではなく医師や、病院によって違うようです。

乳がんの検査、方法、痛み

乳がんの検査方法には、必要に応じてそのがん特有の物質を産出する特性を利用した、「腫瘍マーカー」、針を刺して細胞を吸引して悪性か、良性かを判断する「穿刺吸引細胞診」、乳管造影などが行われます。乳がんの検査結果によっては、治療を行うということになります。細胞診(穿刺吸引細胞診)は針で刺すので痛たそうに思いますが、体験者の口コミでは、ほとんど痛くないそうです。まれに刺したところに血腫ができて検査後ちょっと痛いという程度のようです。

乳がん検査にいい時期は?

ちょっとしこりが出来ると自分は乳がんではないか?ってやはり心配になりますよね。特に生理前などでは、胸が張って痛いということもありちょっと心配っていう方は結構多いみたいですよね。乳がんの検診にいい時期ってあるのかな?って思ってたんですが、あるみたいなんです。

 

口コミでは、生理後1週間以内が乳腺がやわらかくなるらしく、乳がん検査に必須のマンモの検査が痛くないようです。若い子ほど女性の医師がいいといいますが、やはり女性がいいですよね。最近は女性の医師も多いので検査する病院にいるかチェックしてみてもいいと思います。

乳がん検査の費用(料金)と病院

乳がん検査の費用ですが、自治体などで40歳を超えると補助が出て無料から2、000円くらいで案内があったりしますが、30代などだと自費になると思います。会社などの検診では無料ですが、要検査だとやはり費用が必要になります。病院で自費で乳がん検査を受ける場合は、5、000円から12、000円くらいが多いようです。

 

これも視触診+超音波検査、または、マンモグラフィーの1方向、2方向などの組み合わせなどにより料金が異なるようです。ちょっとケチったばかりに発見できなかったということもあるのかもしれませんのでここは押さえておきたいですね。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック