乳がんの治療法と費用(料金)、副作用

乳がんの治療

乳癌(がん)の治療には大きく分けて2通りあり、乳房温存手術、乳房切除術(全摘出)がありますが、生存率に差異はないようです。大きな違いとして、外見的な問題があります。全摘出だと女性のシンボルである乳房がなくなってしまうというこになります。また温存術を選択した場合は、局所的な再発率が高くなってしまう為、放射線療法が必須になるようです。

 

この乳がんの治療の選択は、どいういう場合でも選ぶことができるわけではなく、乳がんの広がり具合(転移)や、胎児に悪影響を及ぼす可能性のある妊娠中などは放射線療法が選択できませんので、全摘出が選択になるようです。このことから可能であれば妊娠予定の前には、乳がん検査を受けておくのが良いのではないかと思います。

 

乳がん治療の乳房温存療法ガイドラインによると腫瘍の径が3センチ以下でエコーなどの画像診断で広い範囲で乳管内に進展がない、広範囲に石灰化がない場合に乳房温存療法が選択できるようです。(患者さんが希望する場合、可能であれば出来るようです。)

乳がん治療と手術

乳癌(がん)の治療・手術には、乳房温存手術、乳房切除術(全摘出)がありますが、ホルモン療法や、放射線治療、抗悪性治療薬など、治療法自体も小さな手術で大きな成果を出す方法に変わってきているそうです。

 

また皮下乳腺全摘出手術という手術もあり、乳房切除術より乳房再建が容易であることや、根治性や再発性の面でも優れている点から注目されています。乳がん治療や手術方法などは、病院や医師により違うそうなので、軽度であれば気にすることもないかもしれませんが、症状によっては、乳がん治療で実績のある病院や名医などのランキングで探す必要があるかもしれません。

乳がん治療とホルモン療法

乳がん治療で組み合わされることが多いホルモン療法は、乳がん(癌)の元になる乳腺が女性ホルモンの影響を受けやすいという点から、乳癌も女性ホルモンにより増える性質があることが判明していて、女性ホルモンの量をコントロールする治療方法のようです。現在使用されているホルモン剤は、アゴニスト、抗エストロジェン剤、アロマターゼ阻害剤、プロゲステロン剤などが使用されているようです。

乳がん治療の副作用について

前述の乳がん治療に用いられるホルモン療法では、抗がん剤などの化学療法に比べると副作用が少ないことで知られていますが、女性ホルモンの減少による更年期障害のような症状が出る可能性があるようです。(のぼせ、月経異常、顔の紅潮など)

乳がん治療の費用(料金)とがん保険

前述の乳がん治療に用いられるホルモン療法では、抗がん剤などの化学療法に比べると副作用が少ないことで知られていますが、女性ホルモンの減少による更年期障害のような症状が出る可能性があるようです。(のぼせ、月経異常、顔の紅潮など)

 

乳がん治療の費用ですが、個人により施術や治療法が異なりますのでどの程度の料金が発生するかは難しいと思いますが、乳房温存術をして2週間くらいの入院で60万円くらいとのことです。乳がん治療やもしもの時に備えて「がん保険」などの生命保険はやはり考慮しておきたいところです。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック