乳がん(癌)の生存率と手術、ステージ

乳癌(がん)の生存率とステージ

乳がんは、早期発見、早期治療といわれています。乳がん乳癌(がん)になった場合の生存率とステージですが、癌(がん)でよくもちいられる5年生存率(疾患の予後5年経過で生存しているかどうかの指標)では、乳がんの場合、ステージ1で約98%、ステージ2で約91%、ステージ3で約71%、ステージ4で29%程度のようです。あくまでも目安なので症例数や治療する個々の病院で差があると思われます。ですからおかしいなとか、もしや?と感じたらすぐ病院で検査することをお勧めします。

 

多忙な職種、多忙な主婦など忙しい方などは発見が遅れることが多いと聞きます。なってからでは遅い場合もありますので、早め早めの検査を受けるのが大事です。

 

※ステージ1は、早期がん、ステージ2は早期がんの転移の可能性あり、ステージ3は、局所進行乳がん、ステージ4は、遠隔転移乳がんもしくは、末期がんを表します。

乳がんの生存率と浸潤癌

浸潤癌という聞きなれない言葉がありますが、乳がんは、浸潤癌(しんじゅんがん)と非浸潤癌(ひしんじゅんがん)の2種類に分けられますが、浸潤癌は、転移を起こす可能性のある「しこり」の段階で、非浸潤癌は、今のところ転移する恐れのない癌(がん)のことを指します。

乳がんの生存率とグラフ

乳がんの生存率と簡易グラフ
乳ガンを早期に発見すればリスクの面でも治療や手術の面でも安心することが出来ますので仕事や、育児、ちょっと面倒などと思わず早め早めの検査を受けましょう。
全がん協が公開しているデータによると、以下のようになっています。

ステージ1:■■■■◇ 約98%
ステージ2:■■■■   約91%
ステージ3:■■■◇   約71%
ステージ4:■◇      約29%

 

乳癌(がん)の生存率もですが、早期の場合の調査対象症例数は多いけれども後期になればなるほど症例数が減っているようなので実際のパーセンテージに多少の差異があると思われます。乳がんの詳細な症状、画像、資料などは専門の病院で確認すると良いと思います。

乳がんの生存率と手術の関係

乳がんと診断され手術を受ける場合、生存率が高い病院があるのなら間違いなくそちらに行きたいと誰しも思います。乳がんになった場合に病院により生存率が違うことがあるのかどうか調べて見る必要があると思います。難易度の高い手術や治療法では病院や医師により生存率に差があるかもしれません。

乳がんの生存率と転移について

乳がんの予後は、どのステージ(進行具合)で発見できたかによると言われていますが、早期の場合は、生存率も高いことや、年々抗癌剤の新薬などが臨床応用され乳がんの転移や再発があっても、1昔前などと比べると長期生存が可能になっているようです。ですからすぐに悲観的にならずに気持ちをしっかりもつことが大事なのではないでしょうか。

乳がんの生存率と年代(30代、40代など)の関係

乳がんの予後は、どのステージ(進行具合)で発見できたかによると言われていますが、早期の場合は、生存率も高いことや、年々抗癌剤の新薬などが臨床応用され乳がんの転移や再発があっても、1昔前などと比べると長期生存が可能になっているようです。ですからすぐに悲観的にならずに気持ちをしっかりもつことが大事なのではないでしょうか。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック