乳がんの症状(しこり、痛み、かゆみ)とステージについて

乳がんの症状について

乳がんの症状でよく言われるのは、「しこり」が出来ている。というのが最も多く自覚症状としても分かりやすいため、乳がん患者の2割は「自分で気づいた」というのが多いようです。

 

また、会社の健康診断などで疑わしいということで検査して発見される場合もあります。「しこり」があると乳癌(がん)確定か?かというとそうでもないようです。乳腺症や 乳腺線維腺腫というようないわゆる良性のものもあります。乳がんの石灰化のようにしこりがない場合もあります。

 

乳がんの症状といっても様々ですが、病院、診療所が公開している断面図の画像や症状の写真を見ると視覚的に分かりやすいとかと思います。乳がんというと女性特有の癌(がん)のように感じられますが、まれに男性も乳がんになることはあります。

・乳房のしこり(5mm以上だと自分で気づく場合がある)
・乳房のへこみ(乳がんが皮膚近くに到達した場合)
・乳房周辺のリンパ節の腫れなど
・他臓器転移による症状など

乳がんの症状とステージ

乳がんの症状は、しこり、腫れ、変形などがありますが、ステージ0は、異状なし、ステージ1は、早期の乳がん、ステージ2は早期乳がん(リンパ節に転移の可能性あり)、ステージ3は、局所進行乳がん、ステージ4は、遠隔転移乳がん、末期がんを表します。

乳がんの症状としこり

乳がんの症状と特徴として「しこり」がありますが、同じようにしこりの病気として、乳腺症、繊維腺腫のようなよく似たものがありますので正確な診断はお近くの病院いって診察してもらうの良いでしょう。乳腺症、繊維腺腫は乳がんに良く似ていますが大きくならなければ治療の必要がありません。

乳がんの症状と分泌物について

乳がんの症状として乳首(乳頭)から汁のような分泌物が出る場合があります。これは授乳期ではないのに出るという場合ですがこういう場合も可能性があります。

乳がんの症状 痛みとかゆみ

乳がんの症状に痛みはあるか?ということですが、一般的には痛みや痒み(かゆみ)を伴わないというのが乳癌の特徴ですが、痛みがある場合もあるようです。痛みがあるので乳がん以外の病気というような過信は禁物です。

乳がんの症状 初期と末期

乳がんの初期の症状は?というとほとんどないということになるようです。乳がんは元々痛みを伴はない、しこりが出来るまで気づかないということもあり、初期症状はないようです。乳がんの症状の末期には、乳腺が腫れる、乳首(乳頭)の変形や、乳首(乳頭)から黄色の汁のような分泌物が出るなどの症状があります。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック