子宮癌(がん)検査と妊娠

妊娠前に子宮がん検査を

子宮癌(がん)は初期症状が、ほとんどなく気づかないまま発症していることがあります。そのため子宮癌(がん)になった状態で、妊娠してしまうこともあります。子宮癌(がん)検査は、妊娠して初めて病院にいって子宮癌(がん)検査を受けて気づくパターンも多いようです。

 

もし子宮癌(がん)が発見されたのが初期なら良いのですが、浸潤が進行してしまっている場合は、手術をすることになりますので出産をあきらめなければならない場合もあります。その為子供を産むことが難しくなる可能性もありますので妊娠を予定している方は、年に1度は、子宮ガンの検査をを受けたほうが良いでしょう。

 

またこれらの検査は、子宮癌(がん)に限らず、卵巣や、子宮、他の感染症なども妊娠前にはチェックしておいたほうがいいでしょう。最近ではブライダルチェックといい結婚前の女性が、これらの女性特有の病気などをあらかじめ検査して、体に異常がないかを調べておく女性が増えているそうです。良い機会ですのでチェックしておいても良いでしょう。

子宮がん検査を(病院、自分で)行う

子宮がん検査は、初めて行う女性にとってちょっと抵抗感のあるものですが、医師も十分承知していますので、気になることはどんどん聞いて、自分の体で気になる症状などはしっかり伝えましょう。子宮癌(がん)は早期に発見すればそれだけ手術にしても治療にしても、費用にしても負担が少なくてすみます。自分だけでなく家族にとっても大切な体ですから、しっかり検査しておきましょう。

 

子宮がん検査は、ほとんど痛くないと言われていますが、個人差があり痛い場合は、痛いと言ったほうがいいです。検査後多少出血する場合もあります。検査としては、綿棒などで子宮の入り口あたりの細胞を少しとって診断します。また自覚症状がある方や、精密検査を希望される方は、超音波エラー、MRIなども行います。

 

医療機関で子宮がん検査を行う方法以外には、子宮がん検査を自己採取して郵送して検査結果が送られてくるガンの検査キットというものもあります。これはどうしても時間がない方、医療機関に抵抗がある方、病院にいくほどではないが自分で定期的に調べたい方に向いています。

 

自分でキットに従い細胞を採取して検査機関に送り結果を通知してくれるという有料のサービスです。子宮がん検査はどの方法にしろ後々後悔しないためにも受けておいたほうが良いでしょう。

子宮がん検査の結果

子宮がんは、細胞診により細胞が異常(悪性、良性、異形成などの)がないかクラス分けして分類します。

細胞診クラス分類
クラス1・・・異常なし。
クラス2・・・炎症などがあるが良性
クラス3・・・悪性の可能性がある。
 クラス3a・・悪性の可能性。(精密検査、経過観察)
 クラス3b・・悪性の可能性。(精密検査、経過観察)
クラス4・・・癌(がん)の疑いあり。(精密検査が必要)
クラス5・・・癌(がん)の疑いが強い。(精密検査が必要)

クラス1、2の場合は、特に問題なく定期的に検査したほうが良い。それ以外は治療相談、精密検査を行ったほうが無難です。子宮頸がんなどは、細胞診による病変の発見率が非常に高いので検査は受けたほうがいいでしょう。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック