子宮がん検診の費用と保険

子宮がん検診について

子宮がん検診についてご紹介します。子宮がんというのは、子宮体癌(がん)と子宮頚がん(子宮内膜がん)をまとめての総称なので、子宮体と子宮頚部の癌(がん)があるかどうかの調査をするということになります。

 

子宮体癌(がん)と子宮頚がん(子宮内膜がん)は、ひとまとめにされますが、種類の異なる癌(がん)だということで、発生の原因も治療の方法や、予後なども違うガンになります。日本では、子宮頚がん(子宮内膜がん)のほうが多いといわれていますが、現在では、子宮体がんの患者さんも増加傾向にあるそうです。

 

一般に子宮がん検診というと子宮頚部癌(がん)の検診で必要に応じて子宮体がんの検診を行うようです。子宮がん検診には、会社や、自治体などで行ってる定期健診、産婦人科などで個人負担で検診が行えます。

 

自治体で行う場合は、補助が出る場合は、1000円程度(自治体で異なる)で検診を受けることができますが、いつでも診察をしてもらえるわけではないので、案内が来たときに申し込みをして予約を行った上で検診を行います。補助が出る場合は費用的にも少額で出来ます。

子宮がん検診の費用について

子宮がん検診を受けるには、産婦人科など婦人科で自費で検診を受ける方法と、定期的に行われている自治体での検診を受ける方法、会社などの健康診断で受ける方法があります。またその他には、郵送検診キットなどで行う方法などがあります。

 

自治体で検診を行う場合は、偶数の年齢、奇数の年齢というように年単位で行われています。予約を行い子宮がん検診を受ける場合には、検査料金、健康保険証を持っていく。費用は1000円程度から2000円くらい(健診実施医療機関によって単価が違う)

 

婦人科で子宮頸がん検診を個人負担で受けると1万程度、子宮体癌(がん)検診で13000円から15000円くらいのようです。超音波検査のみなら安いので良いという口コミもありました。このあたりは病院によって違いますので目安としてご参考に。

子宮がん検診後、もし治療手術になったら

子宮頚がん(子宮内膜がん)の場合は、1期までに発見できれば、円錐切除術(えんすいせつじょじゅつ)で一部分を切り取り、子宮を温存する手術で30分程度の日帰り手術で済むようです。この場合の費用が10万円前後、もし子宮全摘出のような手術にでもなれば、60万円くらいから100万円くらいは病院の費用がかかるようです。

 

実際に手術をした方の体験談でも、検査費、処置費、部屋代、食事の費用などの入院費で80万くらいかかったというのが多いようです。これの3割負担ですから18万くらいから30万くらいが実費になるようですね。これも発見されるステージにより治療方法もかわりますし、入院期間や、個人差などもありますから結構費用はかかると思っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

子宮がんになった時のことを考えるとやはりがん保険も考慮しておいたほうが良いかもしれませんね。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック