子宮頸がんの検査内容と費用

子宮頸がんの検査について

子宮頸がんの検査は、時間的にも短くて大体5分10分で終わるようです。検査の方法には、主に細胞診とコルポ診の2種類があります。細胞をとって顕微鏡で調べるというのが一般的で、特に子宮頸がん検査で痛いとうことはないので安心です。また忙しくて病院にはいけないが、検査はしておきたいという方に検査キットもご紹介します。

子宮頸がんの検査の流れはこのような感じになります。

 

1.問診をします。
・・・性交有無、親族病歴、初経・閉経年齢、月経の状態、妊娠、出産経験、服用薬などの問診で子宮頸がん検査が必要か確認

 

2.細胞診検査をします。
・・・細胞を摂取します。時間的には2、3分程度で痛みなどはほとんどないようです。子宮頸がん検査では、妊娠中などは少し出血する場合もあるそうです。

 

3.検査結果の説明を受けます。
・・・細胞診による検査結果で、特に問題ない場合は、年1回、炎症などが認められる場合は、3か月もしくは、半年に一回程度は検査を受けたほうがいいようです。さらにもっと重度の場合は、精密検査や治療が必要になってきます。

 

また、子宮頸がんの発症の原因の第一位は、性交渉と言われていますが、細胞診とHPV検査の2つ検査を行った場合の「癌になる前の病変」の発見率はほぼ100%だといわれていますので検査はとても重要です。

子宮頸がんの検査結果で異常が見つかった場合

子宮頸がんの検査結果で異形成や、疑わしい細胞が見つかった場合は、さらに精密検査が必要になるので、コルポスコープといわれる拡大鏡を使って粘膜をもっと詳しく調べます。これがコルポ診といわれるものです。

 

このコルポ診では、疑わしい細胞をに絞って細胞の採取を行い子宮頸がんかどうか診断をします。検査の結果はおおよそ1週刊程度でわかるようです。

コルポ診で手術が必要になった場合

組織診で0期のがん(がんが上皮内にあって外まで浸潤してない場合)や、異形成などの場合に円錐切除術と呼ばれる手術で、子宮頸部を円錐状に切り取る手術をします。レーザーなどを使うようですが、早期であれば、日帰りもできるようです。手術というともっとおおがかりなものかと思っていましたが、0期などの場合は、治療の手術もそこまで心配しなくてもいいようです。

子宮頸がんの検査費用やオプション料金など

子宮頸がんの検査費用ですが、他の婦人科検査とおなじで1万円前後のようです。子宮頸がんに関連のあるヒトパピローマウイルス(HPV)に関する検査をするようです。他に検査を追加したい場合にオプションで別料金が発生しますが他の検査メニューがあるところもあるようです。

 

また忙しくて病院に行けないという方のために郵送による検査キットというものがあり、自分で子宮頸がん検査キットに従い細胞を摂取して郵送すれば診断してもらえるようです。忙しくて病院に行けないという方は郵送キットでもいいかもしれません。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック