子宮頸がんの症状と原因

子宮頸がんはどこに出来る?

子宮頸がんは、正面からみると羊の頭のような図や写真で表されることが多いですが、膣から子宮頸部、内膜へと続きます。この膣から子宮頸部への入り口を外子宮口と呼びますがこの付近にできるがんを子宮頸がん(子宮がん)と呼びます。婦人科の癌(がん)で最も多いのが、子宮頸がんと子宮体がんです。

 

子宮頸がんは、外子宮口付近に発生するこが多いため検査により細胞、組織の採取ができますので、早期に発見しやすいという特徴があります。子宮頸がんは、年配の女性など定期検診の習慣のない高齢者に多くみられるというのも特徴です。

 

子宮頸がんの治療には、放射線療法や、抗がん剤療法、外科療法の3つの化学療法を用いるようです。また5年相対生存率による、ステージ別に見る生存率は、ステージ1で90%以上、ステージ2で70%前後、ステージ3で50%前後、ステージ4で18%程度のようです。ステージ1での高い生存率から早ければ治療に好影響を及ぼすというのがわかります。

子宮頸がんの症状

子宮頸がんの症状は、早期の場合は、残念ながら自覚症状というものがあまりないようで、健康診断や会社などでの定期健診などで見つかるケースが多いそうです。また子宮頸がんの症状として、おりものが増えたり、月経以外での出血や、性行為などで予想外の出血で気づく場合もあるようです。また腰痛で検査をしたら見つかったという例もあるようです。

 

以下のような症状がある場合には、癌(がん)の進行が少し進んでいる可能性があるようです。他の病気と重なるものですから、おかしいと思ったらすぐ病院にいくことをおすすめします。

・血尿が出る
・おりものが多い
・尿が出にくい
・腰痛
・血便
・下肢痛

 

子宮頸がんは、見つかりやすい「癌(がん)」だけに定期的な検査はしておいたほうがいいしょう。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの原因はたくさんありますが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスによる感染が原因で発症する場合がほとんどであるというのが最近の研究結果でわかたそうです。このヒトパピローマウイルス(HPV)というのは、低年齢での性交や、性交による感染が多く性的な関係を持つ相手が多いほどリスクが高くなるという特徴があります。また喫煙や、経口避妊薬(ピル)などもリスク要因になるようです。

 

子宮頸がんは、性交による感染リスクの高い癌(がん)ですので誰がなってもおかしくないということになります。ヒトパピローマウイルスは(HPV)、に感染すると必ずしも発症するわけではなく、遺伝や体質なども関係してると考えられてて、免疫力により排除されたり、自然消滅する場合もあるようです。

 

検査時の細胞取得をして検査する子宮頸がんの細胞診では、すぐに診断が可能ですので、検診による早期発見を心がけるようにするといいしょう。

子宮頸がんの診察はどこで受ける?

もし自分は「子宮頸がん」ではと?と気になったらまずは、検査キットで検査するか、婦人科で検査を受けましょう自覚症状が出にくいですので、半年、1年に1回など定期検査を受けることで早期発見することができるます。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック