子宮体癌(がん)の症状と治療

子宮体癌(がん)について

子宮体癌(がん)は、体部(子宮内膜)に出来る癌(がん)のことで、子宮の奥深い胎児を育てる部分に発生する癌(がん)です。初期症状として不正出血や、「オリモノ」が多くなります。また子宮体癌(がん)と言えば、「子宮内膜癌(がん)」のことを指します。癌(がん)の進行に伴い、出血が続き、オリモノが悪臭を放つこともあります。もし不正出血が長く続く場合は、婦人科で1度検査したほうがいいでしょう。

 

子宮体癌(ガン)は、40才から50歳代に多く見られますが、最近は年齢に関係なく増加傾向にあるようです。

 

子宮体癌(がん)の原因として考えられるものにはいくつかり、欧米国に多いことから、食生活の欧米化や、仕事など、精神的ストレスなども原因の1つではないかと考えられています。

 

また子宮体癌(がん)は、中高年に多い病気ですが、閉経後の女性に多いことから卵胞ホルモン(エストロゲン)が原因の1つではないかといわれています。

 

その他には、糖尿病や、肥満、中高年、未出産、高血圧の方も発症する確立が高いようです。

子宮体癌(がん)の初期症状

子宮体癌(ガン)の初期症状としては、以下のようなものがあげられます。

・生理ではない場合の不正性器出血
・「おりもの」が多く見られる。進行に従い悪臭を放つ
・排尿時の痛み
・下腹部の痛み

子宮体癌(がん)とステージ

子宮体癌(がん)の進行度(ステージ)

0期・・・癌(がん)が上皮内にあって外まで浸潤していない。
1期・・・子宮体部に癌(がん)が認められる。
2期・・・癌(がん)が子宮体部から子宮頚部に拡散した状態。
3期・・・子宮外に拡散した状態(骨盤内にとどまっている状態)
4期・・・子宮外に拡散した状態(骨盤外にとどまっている状態)リンパ節などへの転移。

子宮体癌(がん)治療とステージ

子宮体癌(がん)の治療には、手術などの外科療法や、放射線療法、抗生物質などによる化学療法、ホルモン療法などがあります。

 

子宮体癌(がん)治療の手術では、卵巣、子宮を摘出する手術を行います。また転移が確認された場合は、場合によってはリンパ節も摘出します。子宮体癌(がん)の治療を早期に行えば、5年生存率は、90%以上ですので、おかしいなと思ったらすぐ婦人科などの病院で検査することをおすすめします。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック