小児脳腫瘍の治療と症状、原因

小児脳腫瘍の症状と原因

脳腫瘍は、小児脳腫瘍と成人脳腫瘍にわけられます。これは大人の場合と子供の場合で出来やすい箇所が違うからなんだそうです。小児の場合は、小脳や、脳幹などに多く、頭囲が大きくなるなどの症状が出てます。大人の場合は、大脳に多く見られます。

 

成人の場合は、大脳に出来ることが多いことから、頭痛や、言語障害や、手足などがしびれたり、思うように動かないといった外面的な症状がありますので比較的気づきやすい、発見しやすいという特徴があります。

 

これが小児脳腫瘍の場合は、頭蓋骨内の内圧があまりあがらないといったことから、足がもつれるなどや、体重の減少、機嫌が悪いように見えるだけといった表面的な症状が出にくく親としては、特に注意しなければならないような症状です。また出来る部位や腫瘍の種類によっても予後の状態がかなり違います。

 

小児脳腫瘍の原因についてですが、転移性の脳腫瘍の場合は、転移元の癌(がん)が原因ですが、小児脳腫瘍の原因はよくわかっていないそうです。

小児脳腫瘍の治療と名医

小児脳腫瘍の検査には、頭部のCT検査、頭部MRIなどの画像診断で腫瘍の位置を確認します。また脳血管造影など行うようですので、造影剤のアレルギーが出ないかどうかは確認したいところです。

 

小児脳腫瘍は、4歳から8歳までの年齢では白血病をも上回る死亡率がある癌(がん)ですが出来る腫瘍によっても5年生存率が大きく違いますし、予後も大きく違います。また小児脳腫瘍の治療については、外科手術、放射線治療、科学療法などがありますが、治療方針が難しいようで、放射線治療にしても低年齢の子供には、後遺症のことも考えて、十分な放射線量を使用することが出来ないといった問題もあり、抗がん剤治療といった化学療法がとても大きな役割を果たすようです。

 

また、小児脳腫瘍の複雑な治療を行う医師の育成が求めれれているということもあり、病院によって方針が違うのはよくあることで、結果も違うようですので、もしかすると症状によっては名医を探す必要があるかもしれません。名医を探すというのは難しいかもしれませんが、小児脳腫瘍と戦っている方の闘病記やブログなどで探されるのが良いと思います。

 

また治療方針は医師に任せる以外にも、親の希望に沿った治療をしてもらえるなどがあります。このことから難しい治療だということが伺えますが、担当医師以外の意見を聞くセカンドオピニオンという方法もありますので、医師に相談してみてもいいかと思います。

「子宮頸がん」「子宮がん」検査キットはこちらをクリック

乳がん自己検診キットはこちらをクリック

「がん検査」「人間ドッグ」「レディースドッグ」


 
子宮頸がん検査申込方法 性病・がん検査・ドック